コロナ禍で急増懸念 取引先の休廃業、どう注意?

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2020/5/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で倒産に追い込まれる企業が相次ぐ中、休廃業も増加する可能性がある。倒産と異なり焦げ付きのリスクがない休廃業は軽視されやすいが、ここ数年間は倒産の3倍の水準で推移している。帝国データバンク東京支社の丸山昌吾情報部情報取材課長に、取引先の休廃業のリスクの把握と管理方法を聞いた。

――休廃業と倒産の違いは何でしょうか。

「休廃業は支払いの遅れや未払いがないまま円滑に事業をたたむこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]