/

この記事は会員限定です

中国・深圳、テック企業に選別の波 ロボ・AIは伸長

[有料会員限定]

「中国のシリコンバレー」と呼ばれる広東省深圳市のスタートアップに選別の波が押し寄せている。新型コロナウイルスの感染拡大で投資額が激減したためだ。ただ世界に先駆けて経済活動を再開しており、ロボットや人工知能(AI)など経済回復と感染予防を両立する技術を持つ企業が伸長している。コロナと共存する新しい社会で深圳発イノベーションがさらに広がる可能性がある。

「新型コロナの感染が落ち着いたが、人との接触を避...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1192文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン