そごう・西武、首都圏で衣料品販売再開へ 23日から

2020/5/21 15:38
保存
共有
印刷
その他

セブン&アイ・ホールディングス傘下のそごう・西武は21日、西武池袋本店(東京・豊島)など首都圏の百貨店8店舗で、衣料品をはじめとする生活必需品売り場の営業を23日から再開すると発表した。政府による緊急事態宣言発令後は食料品のみ営業を継続してきたが、首都圏の各自治体が必需品の販売を認める見解を示したことを受けて、営業範囲を拡大することにした。

東京都と神奈川県、千葉県、埼玉県の8店で生活必需品の販売を再開する。宝飾品や時計など、生活必需品に該当しない商品の売り場は休業を続けるという。

そごう・西武は緊急事態宣言後に食品売り場のみ営業してきたが、14日に39県で発令が解除され、首都圏以外の7店舗で順次、全館で営業を再開している。百貨店では高島屋も首都圏で生活必需品などの営業を再開した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]