東北大、放射光施設の連携主導 「サミット」臨時開催

大学
2020/5/21 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東北大学はあらゆる物質を細かく分析できる「放射光施設」を新型コロナウイルス対策に活用しようと、各国による連携を促し始めた。放射光施設はすでに医療機器や医薬品開発に活用され出しており、東北大が各国の間を取り持つ役割を果たしている。

東北大国際放射光イノベーション・スマート研究センターは4月、13カ国・地域の放射光施設の代表を集めた「世界主要放射光施設サミット」のオンライン会議を臨時開催した。放射光…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]