/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]ティックトック、新CEO就任の先には

[有料会員限定]

動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」が米ウォルト・ディズニーの出身者を新しい最高経営責任者(CEO)に任命したのは賢明だ。米議会が同アプリの安全性を懸念していることが、中国の親会社である北京字節跳動科技(バイトダンス)に重くのしかかっている。そうした懸念を和らげるために米国生まれの幹部が必要だった。ディズニーの動画配信事業を率いていたケビン・メイヤー氏の起用は、遠大な計画が進行中であ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1456文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン