[FT・Lex]ティックトック、新CEO就任の先には

中国・台湾
北米
FT
2020/5/22 8:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」が米ウォルト・ディズニーの出身者を新しい最高経営責任者(CEO)に任命したのは賢明だ。米議会が同アプリの安全性を懸念していることが、中国の親会社である北京字節跳動科技(バイトダンス)に重くのしかかっている。そうした懸念を和らげるために米国生まれの幹部が必要だった。ディズニーの動画配信事業を率いていたケビン・メイヤー氏の起用は、遠大な計画が進行中であ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]