/

この記事は会員限定です

マグネシウム相場に自動車減産の影 反発に手応えなし

商品部 桝田大暉

[有料会員限定]

アルミニウム合金の強度や耐食性を高めるレアメタル(希少金属)、マグネシウムの取引価格が小幅ながら反発した。主要な生産国である中国の減産がきっかけだ。新型コロナウイルスの感染拡大を背景にした強烈な下落基調は小休止となったが、自動車向けの需要環境は悪くなるばかり。マグネシウム相場の手応えのない上昇の先には暗い雲が依然として残っている。

中国産マグネシウムの対日価格(運賃込み)は5月中旬時点で1トン20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン