/

中国スタートアップが100万円台の「ロボット犬」

日経クロステック

中国ロボット開発スタートアップのユニツリー・ロボティクスは、イヌ型の4足歩行ロボット「A1」を発売した。大きさは中形犬ほどで、バク転などもこなせる高い運動性能を持つ。日本国内でも代理店を通じて販売する。価格は、128万円(税別)から。「納期は2~3カ月、販売目標は年間で数百台」(同社マーケティング担当)

本体にはジャイロセンサー、足先には力覚センサーを搭載する。これらの情報を基にした制御で、悪路でも転倒しにくい安定性を実現したという。3D(3次元)カメラを搭載しており、自己位置推定と周辺地図の自動作成や衝突回避といった機能を組み込める。立脚時の大きさは、長さ50×幅30×高さ40センチメートル。本体質量は12キログラム、可搬質量は5キログラム。平地での最大走行速度は時速11.8キロメートルだ。

同社は既に、A1よりも大きな4足歩行ロボット「Aliengo(エイリアンゴー)」を発売している。こちらの立脚時の大きさは、長さ65×幅31×高さ60センチメートル。本体質量は19キログラム、可搬質量は5~10キログラム、走行速度は時速5.4~7.2キロメートルほど。

A1では小型化を実現しつつ、より運動性能を高めた。また、価格も「500万円前後」(国内代理店)だったエイリアンゴーと比べると、およそ4分の1と安い。

4足歩行ロボットといえば、米ボストン・ダイナミクスの「スポット」が知られているが、国内の導入事例は少ない。国内でスポットを取り扱うソフトバンクロボティクス(東京・港)によると、19年12月に鹿島が採用した例が国内唯一という。スポットの価格は非公表だが、ユニツリーのA1やAliengoの方が安価とみられる。

(日経クロステック/日経ものづくり 斉藤壮司)

[日経クロステック 2020年5月20日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン