/

この記事は会員限定です

住宅の重要事項説明、テレビ電話でも 国交省が容認

[有料会員限定]

国土交通省は建築主が建築士から重要事項の説明を受ける手続きについて、対面ではなく、テレビ電話などのIT機器を活用した手法を暫定的に認める。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた措置。重要事項説明を経なければ建築に入れないため、テレビ電話などの利用を認めることで作業が滞ることを防ぐ。

重要事項説明は、建築士が建築主に対して建物の概要や仕様書の種類、報酬額などの項目について実施することが義務付けられてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り283文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン