ホンダ、雇い止めより雇用維持 二輪で国内初一時帰休

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
熊本
2020/5/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ホンダは国内工場では初めてとなる一時帰休を11日から始めた。二輪車を生産する熊本製作所(熊本県大津町)の約130人の期間従業員が対象で、休業は3カ月間とする。新型コロナウイルスの影響で輸出先の欧米市場でバイク需要が落ち込んでおり、生産調整する。従業員との契約満了時に更新しない選択肢もあったが、今秋以降の新車生産や需要回復後を考慮。その裏ではかつて問題となった「雇い止め」への配慮もにじむ。

「東日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]