/

陰性乗員さらに2人帰国 長崎停泊の伊客船

三菱重工業長崎造船所(長崎市香焼町)に停泊中のイタリア籍クルーズ船「コスタアトランチカ」の乗員に新型コロナウイルス感染が拡大した問題で、陰性の外国籍乗員2人が20日、下船し帰国の途に就いた。長崎県が明らかにした。下船者は計306人となった。

県は個人の特定につながるとして、2人の国籍を公表していない。治療を終え退院する2人を含む21人が、21日に帰国する見通しも明らかにした。

最初に感染者が確認された4月20日時点の乗員は623人で、これまでに計149人の陽性が判明した。船会社は陽性が確認された乗員の再検査を進め、月内の出港を目指している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン