日本初のLNGロケット、民間で コロナの暗雲払えるか

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
スタートアップ
自動車・機械
北海道
科学&新技術
2020/5/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロケットを手がけるインターステラテクノロジズ(IST、北海道大樹町)は次期ロケットの燃料に液化天然ガス(LNG)を使うことを決め、専用エンジンの開発に乗り出した。2023年に打ち上げを目指す衛星軌道投入用のロケット「ZERO(ゼロ)」で取り入れる。実用化すれば日本で初めてとなり、安価で環境にも優しい国産ロケットが民間の力で誕生する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で立ちこめる暗雲を振り払い、宇宙…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]