/

この記事は会員限定です

新型コロナ影響、収益に不透明感 南関東の地銀3行

[有料会員限定]

神奈川、埼玉、千葉各県の地銀トップ行の2020年3月期決算が出そろった。マイナス金利の影響で貸出金利回りの低下が続くなか、各行は外国債券や株式の売却益で収益をカバー。21年3月期は新型コロナウイルス関連で融資先の業績悪化が見込まれるのに対し、貸し倒れに備えた与信費用をどの程度見積もるかをめぐり各行の温度差もみられる。

本業のもうけを示す単体の実質業務純益は埼玉りそな銀行が前の期に比べて4%増、横浜...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン