連合、個人事業主やフリーランス対象の新会員制度

働き方改革
2020/5/20 20:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

労働組合の連合は個人事業主や、特定の企業と雇用契約を結ばないフリーランスなどの働き手を対象にした新たな会員制度を10月に新設する。組合員とは別に区分を設け、インターネットを通じた相談に応じる。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に配達など単発で仕事を請け負うギグワーカーに注目が集まる。組織率が減少する中、多様な働き手の取り込みを図る。

組合員とは別に「連合ネットワーク会員」(仮称)という区分を設け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]