/

臨時交付金「2兆円上積みを」 知事会長が地方創生相に

全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)らは20日午後、北村誠吾地方創生相とテレビ会議を開いた。飯泉氏は新型コロナウイルス対策に充てる自治体向けの地方創生臨時交付金の「飛躍的増額」を求める緊急提言を伝えた。北村氏は「コロナと共存しながら力強く回復、成長していく地域経済を構築しなければならない」と述べた。

政府・与党は追加経済対策を盛る2020年度第2次補正予算案の編成作業に入っており、臨時交付金の増額が焦点となっている。飯泉氏は「最低でも2兆円の確保をお願いしたい」と述べ、第1次補正予算の予備費1兆5千億円の活用も含めた総額の上積みを要求した。

北村氏との会談に先立ち、知事会は20日午前、新型コロナ対策本部会合を開催。臨時交付金を現状から2兆円上積みし、総額3兆円以上とすることなどを盛り込んだ緊急提言をまとめた。

提言では「リーマン・ショック当時の経済対策を上回る最低でも総額3兆円以上となる交付金の追加措置を求める」と明記。多くの自治体がコロナ対策の財源として財政調整基金を取り崩しており「現実は非常に厳しい財政状況となっている」とも指摘している。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン