世界の航空、長引く減便 政府支援の動き広がる
需要回復は24年

2020/5/20 23:00 (2020/5/21 5:41更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染問題が長期化し、世界で航空需要が低迷している。5月第3週(11~17日)の稼働便数は約27万便と、2019年の同時期から7割減った。米欧アジアで3月に大きく落ち込んだ後、底ばい状態だ。国際航空運送協会(IATA)は国際線の需要が24年まで回復しないと予想する。19日にはタイ国際航空が経営破綻した。危機が長引き政府支援の動きも広がるなかで、公正な競争の確保が課題となる。

英…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]