/

この記事は会員限定です

[社説]改めて注目すべき台湾「民主政治」の価値

[有料会員限定]

1月の台湾総統選で再選した民主進歩党(民進党)の蔡英文総統は20日、就任式で宣誓し、政権2期目が始動した。

新型コロナウイルス対策を巡って蔡政権は、世界に先駆けたスピード感ある措置で抑えこみに成功した。強権に頼らず、透明な手法で住民の健康を守ることができた裏には、台湾に根を下ろす開かれた民主政治がある。その価値に改めて注目したい。

中台関係は蔡政権が誕生した4年前から膠着している。中国は1992年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン