さらに変わる京浜工業地帯(点照)

2020/5/20 18:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内鉄鋼2位のJFEスチールが京浜地区(川崎市)にある高炉の3年後の休止を発表してから、2カ月近くが過ぎた。この間、同社の岩山真士常務執行役員は従業員や下請け企業への事情説明などに追われていた。「なぜ歴史ある京浜地区の高炉を休止しなければいけないのか」と驚きの声が最も多かったという。だが、鋼材市況の低迷や需要の減少に加え、新型コロナウイルスが追い打ちをかけたとあっては、やむを得ない経営判断だろう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]