8/15 16:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,289.36 +39.75
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
23,280 +70

[PR]

業績ニュース

東急不HDの今期、純利益33%減、商業ビル休業響く

2020/5/20 20:30
保存
共有
印刷
その他

東急不動産ホールディングス(HD)は20日、2021年3月期の連結純利益が前期比33%減の260億円になる見通しだと発表した。新型コロナウイルスまん延で商業ビルやホテル、雑貨店「東急ハンズ」などが休業している影響が大きい。

20年7~9月期以降、徐々に事業活動が回復すると想定して予想値を公表した。売上高は同3%減の9300億円、営業利益は同37%減の500億円となる見通しだ。

セグメント別では、オフィスや商業施設の賃貸や投資家向け売却を手がける「都市事業」の営業利益が450億円と14%減る。ホテルなど「ウェルネス事業」と「ハンズ事業」はそれぞれ15億円の営業赤字。住宅分譲や仲介も減益となる見通しだ。

星野浩明執行役員は同日、6月から政府の緊急事態宣言が全国で解除された場合、商業施設の売り上げが昨年並みに戻るのは「おおむね10月を越えたくらい」との見通しを明らかにした。

あわせて発表した20年3月期の連結決算は、純利益が前の期比3%増の386億円と過去最高を更新した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム