北大発AWLに海外から熱視線、求人倍率800倍も

2020/5/20 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道大学発スタートアップのAWL(東京・千代田)は社員の7割超を外国人が占める。主力は小売店舗向けの人工知能(AI)サービス。パナソニック出身の夫婦が目指してきた「とがった会社」は海外での認知度もうなぎ登りで、1人の求人が800倍の人気を集めるまでになった。

「こちらはロシアから来たヴィクターさん。バブさんは京大大学院の卒業生で、アームストロングさんはアンゴラの出身です」。4月末、記者が北大に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]