サイバーが電通を逆転 株式時価総額、ゲーム好調で

2020/5/20 20:30
保存
共有
印刷
その他

20日の東京株式市場でサイバーエージェントの時価総額が終値ベースで電通グループを初めて逆転した。新型コロナウイルスの影響で広告市場は冷え込んでいるが、サイバーは4月に発表した2019年10月~20年3月期連結決算がゲームを中心に好調で、株価は20日までに28%上昇。電通は主力のテレビ広告などで受注減が見込まれることが嫌気され、軟調な値動きが続いている。

サイバー株は20日に一時前日比6%高の5370円まで買われ、18年11月以来の高値水準となった。終値での時価総額は6713億円と電通グループの6670億円を上回った。

サイバーの19年10月~20年3月期はゲーム部門が46%の増益。4月以降はネット広告の減速が見込まれるが「ゲームが打ち消して影響は比較的軽いだろう」(国内証券)との見方がある。

一方、電通グループは世界的な広告の受注減が響き、業績悪化は避けられない情勢だ。JPモルガン証券は5月1日に目標株価を従来の3600円から2200円に引き下げた。20年1~3月期連結決算の発表は27日を予定している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]