パナソニック、コロナワクチン・治療薬開発に2億円寄付

2020/5/20 17:23
保存
共有
印刷
その他

パナソニックは20日、大阪大学と大阪府立病院機構に、新型コロナウイルスの予防ワクチンと治療薬の開発への支援として合計2億円を寄付すると発表した。DNAワクチンなどを開発する大阪大学に1億5000万円、残りは治療薬開発を担う府立病院機構に提供する。パナソニックの津賀一宏社長は「『社会の公器』として、お役立ちを果たしていけるよう最善を尽くす」とコメントした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]