/

三井不動産とKDDI オフィスビルの5G活用で連携

三井不動産の「日本橋室町三井タワー」などで5Gの実験を進める

三井不動産KDDIは次世代通信規格「5G」を活用し、デジタル技術を活用してオフィスの利便性を上げる実証実験に取り組む。5Gによるウェブ会議システムや遠隔からのプレゼンテーションの実用性などを検証し、オフィスへの導入を目指す。業務の課題解決や働き方改革を進め、オフィスビルの付加価値を上げる。

両社は4月に、オフィスビルのデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進で合意した。今年度から、5G環境が整備されているKDDIのオフィスなどで5G対応の機器の実験を始める。KDDIが持つ5Gの技術基盤と三井不動産のオフィス運用のノウハウを生かす。

2021年4月からは、三井不動産が開発した日本橋室町三井タワー(東京・中央)などで5Gの通信環境を構築し、入居企業向けのコワーキングスペースなどで実験する。その後三井不動産が持つオフィスビルで実用化に向けて検討を進める。

実験では5Gの特性である大容量、高速通信を生かした鮮明な映像のウェブ会議や、3D(3次元)による商品のプレゼンテーションなどを検証する。新型コロナウイルスによる影響で在宅勤務が広がっており、両社は事業継続計画(BCP)の観点からも在宅勤務体制を整備するために5Gを活用できるとみている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン