金沢の観光苦境 国立工芸館などの開業延期相次ぐ

2020/5/20 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で金沢市の観光産業が苦境に立たされている。金沢港クルーズターミナルや国立工芸館、観光案内所の開業が観光客の減少を受けて相次ぎ延期となった。ホテルの稼働率も大幅に低下している。2020年は東京五輪の誘客効果も期待していた。観光は同市の主要産業だけに地域経済への影響は大きい。

石川県は4月に予定していた金沢港のクルーズターミナルの開業を延期した。すでに建屋は完成しているも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]