/

この記事は会員限定です

ケンタッキー、販促改革が呼んだコロナ下の3割増収

証券部 田中嵩之

[有料会員限定]

日本KFCホールディングスが好調だ。2020年3月期通期の連結営業利益は、3月期決算になった後の10年間で最高の47億円。新型コロナウイルスの感染が広がった4月の既存店売上高は、前年同月を17カ月連続で上回り33%の増収だった。500円ランチを取り入れるなどの品ぞろえが話題だが、業績と集客の大きな伸びの裏側には2年前から取り組んだ販促費の大幅な見直しがある。

「お弁当いかがですか」。千葉県に小雨が降った19日のお昼時。総合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1427文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン