栃木の自治体やプロバスケ、コロナ対策費をネットで調達

2020/5/20 17:30
保存
共有
印刷
その他

栃木県内の自治体やプロスポーツチームの間で、新型コロナウイルス対策にかかる資金をクラウドファンディングで募る動きが広がっている。財源の厳しい自治体や試合開催が難しいスポーツチームが、資金調達の手段として着目しているようだ。

矢板市は18日からふるさと納税の仕組みを活用した「ガバメントクラウドファンディング」を始めた。300万円を目標に寄付金を募る。期間は8月15日まで。返礼品はなく、全額を医療機…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]