/

この記事は会員限定です

「演劇とは?」難局が生む問い 演出家 宮城聡氏

「魂にかかわる」証明する機会に コロナと創作(7)

[有料会員限定]

静岡県舞台芸術センター(SPAC)の芸術総監督として、オンライン配信の「くものうえ せかい演劇祭」を実施した。4~5月の連休期間に開く「ふじのくに せかい演劇祭」を断念、海外演劇人との対話や舞台映像をネットで公開した。

「妙なたとえですが、本来の演劇祭がカニなら、オンライン演劇祭はカニカマボコ。カニがないなら、せめてカニカマボコを楽しんでくださいという気持ちでした」

世界中の演劇人が劇場を離れ、家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン