/

この記事は会員限定です

日本生命、8年ぶり減配へ 運用難、長寿化の恩恵相殺

(更新) [有料会員限定]

日本生命保険は2019年度決算で、8年ぶりに契約者向けの配当を減らす。対象は個人保険など約1000万人の契約者で、減配額は総額の1割にあたる200億円程度。長寿化による死亡者の減少を背景に、これまで生命保険の配当額は増加傾向にあった。新型コロナウイルスの感染拡大で運用難に拍車がかかり、長寿化の恩恵を打ち消し始めた。

生命保険会社は保険料の運用や長寿化などで出た想定以上の収益の一部を配当として契約者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン