/

この記事は会員限定です

閉塞感写す言葉を生きる力に 詩人 和合亮一氏

病理を超えた光探し求めて コロナと創作(5)

[有料会員限定]

長引くウイルスとの闘いを、特別な思いで受けとめている。「あれから9年後に、これほどの困難な事態を迎えることになるとは、まさか思ってもみませんでした」。

東日本大震災の発生から間もない2011年3月16日。福島市内のアパートの2階にある自室で、和合はパソコンと向き合っていた。すでに東京電力福島第一原子力発電所では水素爆発が起き、煙がもうもうと上がっていた。妻子を県外に避難させた後、一人残った部屋には...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1263文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン