サッカー

王国ブラジルで挑むプロの道 17歳のMF甲斐

2020/5/20 12:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会の優勝メンバーの一人、エジミウソン氏が立ち上げたブラジルのクラブの17歳以下(U-17)チームで、日本人の甲斐翔大(しょうま)が「背番号10」を背負って奮闘している。変わりつつあるブラジルの選手育成文化に養われながら、プロの道を切り開こうとしている。

J1川崎の下部組織で育ち、12歳以下の国際大会でMVPにも輝いた甲斐は左利きの攻撃的MFで、今年1月から「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 【ロサンゼルス=共同】3月中旬から中断されているサッカーの米プロリーグMLSと選手会が今夏の試合実施などを含む新たな労使協定で合意したとAP通信が3日、報じた。2025年まで有効となる新協定には選手 …続き (9:03)

 【ベルリン=共同】ドイツ・サッカー連盟は3日、同国1部リーグの試合中に、米国で黒人男性が白人警官に暴行されて死亡した事件に対する抗議の意を示したドルトムントのイングランド代表FWサンチョらを処罰しな …続き (1:08)

 サッカーのJリーグでは、J1は7月4日の再開、J2とJ3は6月27日からの実施を決めている。J1名古屋は、2日に金崎夢生選手が新型コロナウイルスに感染していることが判明して当面の活動休止を発表したが …続き (3日 19:38)

ハイライト・スポーツ

[PR]