/

新型コロナ「接触確認アプリ」 ソースコード公開

日経クロステック

一般社団法人コード・フォー・ジャパンは18日、スマートフォンの近距離無線通信「Bluetooth(ブルートゥース)」機能を使って新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した可能性を通知する「接触確認アプリ」のソースコードを公開した。ソースコード共有サービス「GitHub(ギットハブ)」から入手できる。これまでの検討結果を知見として広く共有することが目的だ。

接触確認アプリの呼称は「まもりあいJAPAN」。コード・フォー・ジャパンは当初、5月上旬のリリースを目指していたが、利用するAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)の開発元である米アップルと米グーグルが提供先を保健機関に限定したため、見送った経緯がある。現在の開発主体は厚生労働省で、6月中のリリースを目指している。

公開されたソースコードは厚労省などが活用する見込み。コード・フォー・ジャパンは「プライバシー面の検証など、これまでの検討結果や知見を有効活用いただきたい」(広報)とした。

(日経クロステック/日経コンピュータ 岡林凛太郎)

[日経クロステック 2020年5月19日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン