レナウン破綻、起点となった伊勢丹との深い因縁
編集委員 中村直文

中村 直文
Nikkei Views
編集委員
2020/5/21 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アパレル大手のレナウンが民事再生手続き開始の決定を受けた。百貨店への過度な依存が破綻の一因だが、ファッション分野で最強の新宿本店(東京・新宿)を抱える伊勢丹との深い因縁に起点がある。そこからは日本の企業社会の強さと問題点も見えてくる。

破綻したレナウンは実は伊勢丹とは「親戚関係」だった。戦後のレナウンをつくり上げたのはカリスマ経営者の尾上清氏。NHKの朝ドラ「べっぴんさん」で高良健吾さんが演じた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]