5/27 13:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: リクルート、米大量失業で浮上するインディードの実力[有料会員限定]
  2. 2位: コロナ下、進む銘柄選別 「DX・医療・巣ごもり」上昇[有料会員限定]
  3. 3位: 日経平均、小反落 午前終値は4円安の2万1266円
  4. 4位: 「ワクチン相場」けん引 ダウ2カ月半ぶり高値(NY特急便)[有料会員限定]
  5. 5位: 投資と賭けマージャンの差 技量と勝敗の相関は[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,423.11 +151.94
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
21,440 +160

[PR]

マーケット > 海外 > NY特急便 > 記事

NY特急便

フォローする

コロナ特需で曇る米消費回復の道筋
米州総局 大島有美子

北米
2020/5/20 7:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比390ドル(1.6%)安の2万4206ドルで終えた。前日に大幅上昇した反動で、利益確定の売りに押された。この日に市場の注目を集めたのが、小売り最大手のウォルマートとホームセンターのホーム・デポの決算だ。投資家は米国内総生産(GDP)の7割を占める消費の実態を見極めようと懸命だ。

「通常なら2~3日かけて売る在庫が、2~3時間でなくなった」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

NY特急便 一覧

フォローする

読まれたコラム