/

NYダウ反落、390ドル安 前日の大幅高で利益確定売り

(更新)

【NQNニューヨーク=横内理恵】19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反落し、前日比390ドル51セント(1.6%)安の2万4206ドル86セントで終えた。前日に911ドル上昇した後とあって幅広い銘柄に利益確定売りが出た。新型コロナウイルスのワクチン開発の不透明感を強める材料が出て、引けにかけて売りが加速した。

米国の多くの州で経済活動を再開する動きが広がっているが、早期に再開したテキサス州などでは新型コロナの新規感染者が増加している。小売店や飲食店で当面は客数を制限しながらの営業となり、正常化には時間がかかる公算が大きい。景気への楽観論がやや修正され、持ち高調整の売りも出た。

ダウ平均は引けにかけて下げ足を速めた。午後にヘルスケア専門誌がバイオ製薬のモデルナが開発中の新型コロナワクチンについて「効果を信じるには情報が不十分」と報じた。前日は同社が初期の臨床試験で効果を確認したと発表し、ワクチン開発への期待から米株全体に買いが広がった。

2020年2~4月期決算が減益となったホームセンターのホーム・デポが下落。2~4月期決算が市場予想を上回った小売りのウォルマートも買い先行後に売られ、2%安で終えた。

ワクチンの開発期待が高まった前日は、業績が新型コロナの直撃を受けている銘柄が軒並み大幅高となった。19日は一転して売りに押された。映画・娯楽のウォルト・ディズニーは2%安、航空機のボーイングは4%安、石油のエクソンモービルは3%安で終えた。

経済対策への期待からダウ平均は上げに転じる場面もあった。19日に米上院銀行委員会で証言したパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長やムニューシン米財務長官が景気支援策の拡充に前向きな姿勢を示した。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4日ぶりに反落し、同49.72ポイント(0.5%)安の9185.10で終えた。高く推移する場面が多かったが、引け間際に下げに転じた。ただ「巣籠もり消費」の恩恵を受けやすいネット通販のアマゾン・ドット・コム、動画配信のネットフリックス、半導体のエヌビディアはいずれも上場来高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン