初診オンライン恒久化検討 政府、年内めどに具体策

2020/5/19 21:13
保存
共有
印刷
その他

政府は19日、国家戦略特区諮問会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、時限措置として全国で初診から可能になっているオンライン診療について恒久化に向けた議論を始めた。利点や課題を洗い出した上で、全国で認めるか、特区限定で認めるかなどを含めて年内をめどに具体策をまとめる。

安倍晋三首相は会議で「オンライン診療など社会のあらゆる分野で遠隔対応を一気に進め、未来を先取りするような新たな日常をつくり上げたい」と強調した。

オンライン診療は医師が対面ではなく、スマートフォンなどの画面を通じて患者を診察する仕組み。初診では原則として認められていなかったが、コロナの院内感染を防ぐための時限的措置として解禁された。会議では緊急事態宣言の解除後も当面は現行の運用を続けることを確認した。

大阪府の吉村洋文知事はオンラインで参加し、遠隔診療について利便性向上と医療資源の有効活用のために推進すべきだと訴えた。学校教育での9月入学制の導入検討も求めた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]