医療・介護施設の職員を応援 千葉市が寄付制度

2020/5/20 12:23
保存
共有
印刷
その他

千葉市は19日、新型コロナウイルスを巡り、医療機関や高齢者・障害者施設に対する寄付制度を創設すると発表した。対応にあたる職員に手当を支給したり、宿泊施設や飲食物などを提供するために活用してもらう。謝意を表すとともに、各事業者が持続的に活動できるように役立ててもらう。

医療機関などへの寄付制度創設を発表する千葉市の熊谷俊人市長

制度の詳細は今後詰めるが、市民からの寄付は10万円の特別定額給付金の案内資料などを通じて呼びかける。企業からの寄付も募る予定。

制度創設にあわせ、熊谷俊人市長と副市長2人も、7月分の給与の3割カットし寄付に充てる。熊谷市長は37万円、副市長2人はそれぞれ31万円。熊谷市長は同日の記者会見で「多くの人の気持ちを寄せていただいた上で、少しでも現場で奮闘している人の支援になれば」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]