/

この記事は会員限定です

阪急電鉄110年 磨いたブランド力、新たな挑戦へ

[有料会員限定]

1910年(明治43年)の開業以来、阪急電鉄の車両は特急も普通も、ずっと赤ワインのようなマルーン(栗の意味)色。カラフルな車両が多い大手私鉄では異例のシンプルな美しさで、創業者の小林一三が創り上げた「阪急文化圏」を象徴している。新型コロナウイルスの影響で人の移動が細り鉄道各社も厳しい経営環境にあるが、阪急はブランドイメージを守りつつ、新たな成長軌道を描こうとしている。

源流である箕面有馬電気軌道は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2482文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン