7/12 4:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

業績ニュース

住友電工と古河電工の前期、最終4割減益 4~6月は「需要半減」も

2020/5/19 20:30
保存
共有
印刷
その他

19日に2020年3月期決算を発表した電線大手2社の業績不振が鮮明だ。住友電気工業の連結純利益は前の期比38%減の727億円、古河電気工業は39%減の176億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大で自動車生産台数が減りワイヤハーネス(組み電線)などが苦戦した。今期は一段と厳しい。住友電工は4~6月のワイヤハーネスの需要は例年の半分程度と予想している。

住友電工の売上高は2%減の3兆1070億円だった。次世代通信規格「5G」の基地局部品など情報通信関連の売り上げは堅調だったが、全体の落ち込みを補えなかった。営業利益は23%減の1272億円。減益に伴い、年間配当は2月時点の予想から8円減らし40円(前の期は48円)とする。

古河電工の売上高は8%減の9144億円、営業利益は42%減の235億円だった。海外工場の稼働率低下や物流コストなどが上昇。光ファイバーでは中国勢の安価製品との競争が激化した。経費削減などを進め、従来予想は上回った。

両者ともに21年3月期予想は未定とした。当面は自動車関連製品を中心に厳しい状況が続く見通しだ。国内自動車メーカーも相次いで生産調整を発表しており、影響が避けられない。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム