/

この記事は会員限定です

消えた訪日客、事業転換機敏に 関西のスタートアップ

[有料会員限定]

インバウンド(訪日外国人)を見込んで事業を展開してきた関西のスタートアップ企業が苦境に立たされている。観光分野では新型コロナウイルス感染拡大の影響が長期化するとみられ、不動産アプリ事業や電子商取引(EC)を本格化させる動きが出てきた。身軽にビジネスモデルの転換を図るのはスタートアップならではで、コロナ禍を乗り切るアイデアが問われている。

日本酒が楽しめるなど「コンセプト型」の民泊を大阪市内で展開す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1621文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン