7/14 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: NYダウ続伸10ドル高 一時563ドル高もコロナ再拡大嫌気
  2. 2位: コロナ下、動き出す消費 家電や自転車に給付金需要[有料会員限定]
  3. 3位: IT株騰勢でにじむ焦り 機関投資家、出遅れ挽回へ[有料会員限定]
  4. 4位: 米ファイザーの新型コロナワクチン、FDAが優先審査
  5. 5位: 半導体2兆円買収 帰ってきた合併の月曜日(NY特急便)[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,001,120億円
  • 東証2部 68,095億円
  • ジャスダック 92,082億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率18.90倍20.42倍
株式益回り5.28%4.89%
配当利回り2.06% 1.73%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,624.70 -160.04
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,610 -100

[PR]

スクランブル

フォローする

コロナ時代の成長株選び 従業員の「声」、市場が注視
証券部 野口知宏

2020/5/19 18:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

19日の日経平均株価は2カ月半ぶりの高値をつけた。にもかかわらず、新型コロナウイルスの感染拡大に対する投資家の懸念は根強い。先行きが見通しにくいコロナ時代に買える銘柄はどれか。投資家が重視するのは過去の決算数値などに表れない非財務情報だ。とりわけ従業員の満足度に着目する動きが広がっている。

「従来の株価指標では投資判断が難しくなっている」。レオス・キャピタルワークスの渡辺庄太氏は話す。2020年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム