くら寿司、皿の枚数をAI搭載カメラで自動集計

2020/5/19 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

回転すし大手のくら寿司は国内全店で接客の自動化を進める。人工知能(AI)を搭載したカメラで顧客が食べた皿の枚数を自動で計算するシステムやセルフレジを2021年10月末までに導入する。投資額は数十億円。店舗運営の省力化で人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]