映画館駐車場でドライブインシアター、ムービーオンやまがた

2020/5/19 18:55
保存
共有
印刷
その他

山形市のシネマコンプレックス(複合映画館)「ムービーオンやまがた」はドライブインシアター方式で映画を上映する。営業は15日から再開したが、「3密」(密閉、密集、密接)への懸念は根強い。駐車場に仮設スクリーンを設置し、館内と同じ映写機を使って映像を投映。来場者は車の中からFMラジオの音声を通じて視聴する。

仮設スクリーンを設置する駐車場と開催チラシ(山形市のムービーオンやまがた)

22日から3日間実施し、好評なら継続する。午後7時から1日1回、東北の田舎町が舞台の「星屑の町」を上映する。1台3500円でポップコーン付き。新型コロナウイルスの感染拡大後、海外ではドライブインシアターが人気の国もあるというが、「日本ではなじみが薄い。新しい生活様式として受け入れられるか試行する」(同社)という。

県内全8映画館で作る県興行生活衛生同業組合は4月、吉村美栄子知事に「映画館の館内は構造上、高い換気能力を求められている」として、3密の対象から除外するよう求めていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]