滋賀県、近江米を仕送り 県内外の一人暮らし学生に

2020/5/19 16:40
保存
共有
印刷
その他

定例記者会見で人出の状況などを説明する三日月大造知事(19日、滋賀県庁)

定例記者会見で人出の状況などを説明する三日月大造知事(19日、滋賀県庁)

滋賀県は新型コロナウイルス感染拡大の影響でアルバイトができない一人暮らしの学生に近江米2キロを無償提供する。県内の学生2千人と県外で学ぶ県出身学生2千人が対象。三日月大造知事は19日の記者会見で「国が検討する学生への給付金が届くまで、つなぎの支援」として5月下旬からの受け付け・配布を目指す。

三日月知事は会見で、全国の各知事が感染拡大への対応により存在感を高めていることを受けて「ポストコロナの社会では、身近な広域自治体としての(都道府県の)役割がさらに高まる」と話した。ただ、緊急事態宣言の発令・解除を知事の権限にする議論については「独自の措置が出しやすくなる半面、広域の利害調整に課題がある」と慎重な見方を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]