株主総会、6月開催か2段階か延期か 利点と課題を整理

法務インサイド
渋谷 高弘
2020/5/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

3月期決算の上場企業の多くが定時株主総会の方式で悩んでいる。例年通り6月中の「完全開催」か、決算承認などを後回しにする「2段階方式」か、開催時期を7月以降にずらす「完全延期」か。それぞれの方式に利点と課題がある。意見の異なる専門家の主張を分析した。

新型コロナウイルスの感染が広がっていた4月15日。金融庁などによる協議会は総会の柔軟な開催を求める声明を出した。ここで登場したのが「総会延期」と、配…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]