オリパラ考

フォローする

「安全な環境」とは IOC、五輪開催の条件示すべし
編集委員 北川和徳

Tokyo2020
2020/5/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国際オリンピック委員会(IOC)は14日の理事会で、1年延期となった東京五輪で新たに最大8億ドル(約860億円)の資金拠出をする計画を決めた。このうち大会運営費には6億5000万ドル(約700億円)を負担するという。

15日にインターネットを通じて会見した大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は、この資金の趣旨について質問されると「IOCと組織委は延期がもたらす影響についての評価を議論しているところ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
J1鹿島はOBによるリモートトークショーをライブ配信、サポーターから募金を受け付けた。

 サッカーJ1の鹿島が先日、実験的なイベントを開催した。過去の名勝負をNHKのBS1などで放送したのに合わせて小笠原満男氏らチームOBがリモートでトークショーを開催。それをオンライン上でライブ配信して …続き (5/27)

IOCのバッハ会長(右)は、健康増進で協力する覚書をWHOのテドロス事務局長と交わした


 国際オリンピック委員会(IOC)は14日の理事会で、1年延期となった東京五輪で新たに最大8億ドル(約860億円)の資金拠出をする計画を決めた。このうち大会運営費には6億5000万ドル(約700億円) …続き (5/20)


 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、史上初めて延期されることが決まった東京五輪・パラリンピック。感染拡大が終息して2021年夏に大会が無事に開催できるかどうかは楽観できないが、いずれにして …続き (5/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]