/

この記事は会員限定です

銭湯・宅配…なぜ安保銘柄? 改正外為法のフシギ

[有料会員限定]

今月施行された改正外為法で、安全保障の観点から、海外投資家の出資について事前審査を求める518社のリストが波紋を広げている。審査対象となる「コア業種」リストに、飲食宅配サービスやスーパー銭湯など「なぜ、この銘柄が安保関連なの?」と疑問の浮かぶ企業が入り、選定の不透明さが浮き彫りになったからだ。当の選定企業の間にも困惑の声が広がっている。海外投資の呼び込みに影響を及ぼすだけに、フシギな選定基準はさら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1690文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン