コロナ禍でも堅調 医療系のスタートアップ投資

CBインサイツ
スタートアップGlobe
スタートアップ
ヘルスケア
コラム(テクノロジー)
2020/5/22 2:00
保存
共有
印刷
その他
CBINSIGHTS
 新型コロナウイルスの影響でスタートアップ企業への投資が世界的に冷え込む中、健闘しているのが医療分野だ。CBインサイツの調査では、2020年1~3月期の世界の医療関連スタートアップへの投資額は前四半期に比べて微増となった。中でも北米の医療スタートアップ企業への投資額が大きく増えた。

日本経済新聞社は、スタートアップ企業やそれに投資するベンチャーキャピタルなどの動向を調査・分析する米CBインサイツ(ニューヨーク)と業務提携しています。同社の発行するスタートアップ企業やテクノロジーに関するリポートを日本語に翻訳し、日経電子版に週2回掲載しています。

1~3月期の世界の医療スタートアップへの投資額は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な流行)への懸念をよそに、前四半期に比べてやや増えた。投資家が中期段階の北米スタートアップ企業に集中的に資金投入したからだ。

1~3月期の医療関連スタートアップへの投資額は前四半期比で4%増え、投資件数は同6%減少した。

20年1~3月期の投資額は前四半期比4%増、件数は6%減
(17年4~6月期から20年1~3月期の四半期ごとの世界の医療業界への投資)

20年1~3月期の投資額は前四半期比4%増、件数は6%減
(17年4~6月期から20年1~3月期の四半期ごとの世界の医療業界への投資)

投資額の増加の多くは、北米の医療スタートアップへの投資が大きく増えたことによるものだ。1~3月期の北米の医療スタートアップへの投資額は前四半期比35%増となった。

一方、アジアは同42%減、欧州は同30%減だった。また、アフリカ、中南米、オーストラリアでは同162%増え、過去最高に達した。

北米の医療スタートアップへの投資額は35%増
(17年4~6月期から20年1~3月期の地域別の医療業界への出資額、単位100万ドル)

北米の医療スタートアップへの投資額は35%増
(17年4~6月期から20年1~3月期の地域別の医療業界への出資額、単位100万ドル)

1~3月期の世界の医療業界の主な投資案件は次の通りだった。

・細胞療法を手がける米ライエル・イミュノファーマ(Lyell Immunopharma)が3月に実施したシリーズC(調達額4億9300万ドル、以下同)

・眼科診療所の運営組織、米レティーナ・コンサルタンツ・オブ・アメリカ(Retina Consultants of America)が3月に実施した未公開株(PE)ラウンド(3億5000万ドル)

・処方薬配送を手がける米アルト・ファーマシー(Alto Pharmacy)が1月に実施したシリーズD(2億5000万ドル)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]