/

この記事は会員限定です

続く外出自粛 観光、遠い夜明け

コロナ 疲弊する地方(3)

[有料会員限定]

大型連休さなかの5月5日。国内有数のリゾート、沖縄県恩納村は静けさに包まれていた。大通りは地元の車が行き交うのみ。飲食店は軒並みシャッターを閉めていた。営業を続けたホテル「沖縄スパリゾート エグゼス」の稼働率はわずか4%。訪日観光客だけでなく国内客の需要も蒸発した。運営するかりゆし(那覇市)会長の平良朝敬は「売り上げはほぼゼロ。分かっているのは出費だけ」と嘆く。

観光客急増で交通混雑やプライバシー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン