コロナ感染爆発阻止の函館病院、「ぎりぎり」から復調

2020/5/19 16:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスでは、北海道がんセンター(札幌市)など道内にある複数の医療機関でも大規模な院内感染が発生している。市立函館病院(函館市)も2月、院内感染が連鎖しかねない危機に見舞われた。

2月14日、別の病院で肺炎と診断されていた60歳代男性が同病院を訪れ、入院は希望せずいったん帰った。当時、北海道で新型コロナ感染が確認されていたのは、中国・武漢市からの観光客1人のみ。市立函館病院の森下清文院…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]