/

この記事は会員限定です

コロナ感染爆発阻止の函館病院、「ぎりぎり」から復調

[有料会員限定]

新型コロナウイルスでは、北海道がんセンター(札幌市)など道内にある複数の医療機関でも大規模な院内感染が発生している。市立函館病院(函館市)も2月、院内感染が連鎖しかねない危機に見舞われた。

2月14日、別の病院で肺炎と診断されていた60歳代男性が同病院を訪れ、入院は希望せずいったん帰った。当時、北海道で新型コロナ感染が確認されていたのは、中国・武漢市からの観光客1人のみ。市立函館病院の森下清文院長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン