/

この記事は会員限定です

渦中の出来事、未来につなげる 美術家 田中功起氏

分断生む「自分たちだけ」という心理 コロナと創作(4)

[有料会員限定]

昨年のあいちトリエンナーレに出品した「抽象・家族」は、他者をいかに理解できるかを問う秀作だった。両親のどちらかが外国出身者である4人の男女が疑似家族のように時間を過ごす様子を撮影した映像、テキストなどを組み合わせたインスタレーション作品だ。

「表現したかったのは簡単にいうと人間の複雑さ。彼らが一緒に食事をしたり会話をしたりするうちに親のルーツが韓国、ブラジルということよりも、その人個人が見えてくる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン