休校対策のオンライン授業に温度差 福井は推進

2020/5/19 19:00 (2020/5/21 20:31更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

訂正>「富山市のある小学校では、4月上旬の登校日に児童と教師の合計5人が同じ教室で感染した可能性が高いとされる」と報じましたが、この5人は「学校外で感染した可能性が高いとされる」の誤りでした。記事を訂正しました。(2020/5/21 20:31)

北陸の小中学校や高校の多くは6月1日に授業を再開する。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた休校期間は2カ月以上と長く、授業の遅れをどう取り戻すかが課題となっている。全国ではオンライン授業を積極的に実施する地域もある。北陸では3県の取り組みに温度差があった。

「先生が一方的に話すだけならオンライン授業の必要性を感じない」。先日の登校日に教員から家庭のインターネット環境を尋ねられた金沢市の男子中学生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]